したい行動を代弁してあげたの巻:イヤイヤ期

スポンサーリンク
染次朗
染次朗

昨日、育児日記で「引っ掻いたり叩いたりモノを投げたりするのをどう止めるか」を書いた染次朗です。

今日も週末で保育園はなく、一緒にいられるので、できる限り「したい行動を代弁してあげる」ということをしてあげました。

結果は驚くほどの効果。これまでに比べて、泣いたり嫌だと言ったりはそこまで変わりませんが、今日は一日、こういった暴力的な行為にまでは至りませんでした。

ちなみに みひょんこさんは、この解決法を知っていたそうです。

染次朗
染次朗

ということは、僕がもっと早く知っていれば…… orz

とにもかくにも、2,3歳の子供が引っ掻きや叩く,モノを投げるなどして困っている方は、昨日の育児日記の通りに「その子がなにをしたいのかを代弁してあげる」というのをオススメいたしますよ!

スポンサーリンク

今日の子供たち

ちょっと目を離すと、外に行くために自分たちでサンダルを履き、帽子をかぶり、玄関に置いてあるベビーカーをよじ登って玄関の鍵を手に入れています。
その行動力から、いつか本当にそのまま出て行ってしまうのではと心配で、おちおち寝落ちも許されません。とりあえずはチェーンロックも締めるように気を付けていますが……。
逃げる力 (PHP新書) [ 百田尚樹 ]
created by Rinker

コメント

タイトルとURLをコピーしました