液体ミルク19年春に製造・販売へ!

スポンサーリンク

( ゚Д゚)<こんにちは、染次郎です。

以前「液体ミルクが国内でも解禁になった」というニュースをお伝えしました。
液体ミルクの必要性についてはそちらでご紹介しています。

液体ミルク、解禁はしたけれども。【2018年8月8日解禁】
( ゚Д゚)<こんにちは、染次郎です。 液体ミルク最新記事追加しました! 液体ミルクが今年の8月8日に解禁されたと聞き及んでおります。 そろそろ半月ほど経過したので、売ってるのかなーと近所の赤ちゃん関係販売店へ足を...

今回は液体ミルクの製造・販売が早ければ19年春を目標に始める見通しとのニュースです!やったね!
江崎グリコさんが11月19日に発表しました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00050010-yomidr-sctch

江崎グリコさん、ありがとう!!
江崎グリコさんは、粉ミルクだとアイクレオで有名なメーカですね。

元記事によると、「災害時用の備蓄品として自治体に提供するなどしたい考え」とのこと。
まずは一番重要な用途の災害備蓄。地震大国、台風大国の日本では災害備蓄はとっても大切です。
別記事ですが、東京都文京区の成澤区長が来年から液体ミルクの備蓄を全国に先駆け始めることを表明したそうです。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

元記事ではあまり触れられていませんが、パネルにある「文京区 プロテクトベイビー コンソーシアム」の発足というのがあって、その中での発表だったのかな?区や大学、企業で連携して「赤ちゃんを災害から守る社会の実現」を目指すとのこと。液体ミルク使用方法の普及・啓発や、配布によるローリングストック*など、これから他の自治体にも参考にしていただきたいことばかりですね。
*ローリングストック:備蓄を普段から活用し、使った分を買い足すこと。一定量を備蓄しつつ、鮮度を保ち、備蓄を使い慣れることができる。

文京区 文京区プロテクトベイビーコンソーシアム

自治体への備蓄提供と並行してか、少し遅れてでも良いので、一般家庭でも入手できる日が早くくると良いですね!

特に双子等の多胎育児をしているご家庭では、授乳に関する苦労の緩和に繋がると考えられます。夜間の授乳や、移動先での授乳の手助けになると思われます。

お母さん的には、双子のうち片方には授乳しないと胸が張って痛いなどの理由で授乳が不可欠かもしれませんが、開封するだけだと思われますので、授乳しながらでももう片方にもすぐ授乳ができます。

粉ミルクの作り方覚えてないお父さんが存在したとしても(笑)液体ミルクなら開封して子供抱っこして支えてあげるだけですので任せられますね。ゲップのさせ方くらいは覚えてもらいましょう!

なお、他のメーカも準備や検討を進めているとのこと。ミルクは粉ミルクでも商品によって味が違い、赤ちゃんの好き嫌いがでることもあります。そういった点からも、品ぞろえの拡充にも期待したいですね!

今年末~来年春に子供が産まれる、または授乳の時期がある赤ちゃんを育てているご家庭は、液体ミルク情報にしばらく注視が必要ですね。当ブログでも続報が入り次第ご紹介させていただこうと思います!3人目が産まれたら使ってみよう。(・∀・)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました