液体ミルク、解禁はしたけれども。【2018年8月8日解禁】

スポンサーリンク

( ゚Д゚)<こんにちは、染次郎です。

液体ミルク最新記事追加しました!

液体ミルク、とうとう発売!「アイクレオ赤ちゃんミルク」
( ゚Д゚)<こんにちは、染次郎です。 当サイトでも続報をご紹介し続けていた液体ミルク。 とうとう実際に店頭に並ぶ日が間近となってまいりました!! メーカーと購入可能日、そして気になる価格 最初に液体ミルクを発売するのは...

液体ミルクが今年の8月8日に解禁されたと聞き及んでおります。

そろそろ半月ほど経過したので、売ってるのかなーと近所の赤ちゃん関係販売店へ足を運んでみました。
※我が家は離乳食も最終段階へ来ているので、単なる興味ですね。

ところがどっこい、売ってない!

値段や品揃えなど見てみたかったのですが、そもそも売ってない!

ということで、まだまだ購入にはインターネット通販が有利なのかな?と思い、通販サイト大手、Amazonと楽天で検索。

「液体ミルク」で検索に……出てこない!
(なお、後ほど英語表記のものを見つける。記事後半にリンク貼っておきます!

なんでや!なんでなんや!ということで、調べてみました。


【追記】
液体ミルクの製造・販売の見通しが立ちました

液体ミルク19年春に製造・販売へ!
今回は液体ミルクの製造・販売が早ければ19年春を目標に始める見通しとのニュースです! 江崎グリコさんが11月19日に発表しました。

どうやら液体ミルクの国内販売が解禁されたけど、国内業者はまだ液体ミルク用に設備投資をしていないらしい。また海外でも粉ミルクの方が液体ミルクより売れているから、ちょっと慎重になりそうとのこと。

いやいや、早く売ろうよ!液体ミルク!
この解禁ニュースではじめて存在を知ったけど、1歳を迎えるまではあればとっても大切な製品だと思うのです。特に多胎児家庭!

パッと思いつく限り、需要はこんなにあるよ!

  • 災害時の非常用ミルク
    災害時は粉ミルクを溶かすためのお湯を用意したり、冷ますための水が足りなかったり、そもそも清潔な環境を作るのが大変です。国内でも災害が起こるたび、ミルクとお湯,水を賭けた壮絶なバトルが避難所で繰り広げられていると聞いております。
  • お父さんお母さんが限界を迎えている時の非常用ミルク
    「もう体力が限界だ!」「もう精神が限界だ!」という場合は多いと思います。特に育児休業をお父さんお母さんのどちらも取得していないご家庭や、近場にヘルプで来てくれる人がいないご家庭,またはその両方パターン。
    夜中に意識が朦朧としつつ「今日は6杯分だ。1杯。2杯。3杯。はいはい、泣かないのー。いま作ってるからねー。えーと、あれ次は何杯?うがー!!!」というのはよくあること。
  • 出かけ先でのミルク
    気晴らしにお出かけしよう!ってなっても、持っていくものはとっても多い物です。粉ミルクの場合だと、我が家はこんなセット内容でした。・粉ミルク(必要分計量済み×2回分×人数分)
    ・お湯(水筒入り。必要量より多めに入れていくと冷めにい。重い。)
    ・プラスチック製哺乳瓶(×1)
    ・哺乳瓶乳首(2回分×人数分)
    ・哺乳瓶内袋(2回分×人数分)多い。リュック一つ分、ミルクセットwithオムツセット、という感じでしたね。
  • ミルクを普段作らない人に手伝ってもらうためのミルク
    正直、作った経験がない人には、ミルク作ってあげるとか、もう「怖い」だと思うんですよね。僕も他の家の人に「ミルク作ってよ」って言われても、経験は人並みにあるのに、正直怖いです。なんででしょうね?
    でも、もう完成された「ミルク」を「あげるだけ」なら、ほいほい喜んで。って感じです。
    溶け残りがプライドを傷つけるとか、熱さが違ったらどうしようとか、たぶん些細なことなんだと思うんです、きっと。だけど赤ちゃんが口に入れるものを「調理する」って、やっぱりハードル高いんですよね。それが「怖い」につながるのかな?

 

パッと思いつく限りでもこのくらいはあります。

特に災害時のミルクなんて、超重要だと思います。

老若男女問わず水が欲しい!となっているときに、堂々と「赤ちゃん用」と銘打ってあるミルクは聖域として確保されるハズです。大人も飲めますが、流石にそんなことするほど民度が低くないと信じたい。これが、お湯作って溶かす(冷ますのは自然冷却とする)であっても、回数重ねてると「赤ちゃんは良いね~、貴重な水をもらえて」とか言ってくるヤカラがいるのは、残念ながら想像に難くないです。

多胎で、母乳が出なくて、という条件下での被災だと思うと、ゾッとしますね。

あとは体力や精神が限界を迎えているときの使用。
家に数本あれば、ひとまず心にゆとりが生まれます。もしかしたら使わずに期限を過ぎてしまって「いらなかったね~」と言って笑えるかもしれませんが、あるのとないのでは大違いです。
逃げ道、大事。

 

ということで、国内メーカーの販売はまだですが、国外メーカー品がございます。液体ミルク。

これから赤ちゃんが生まれるよ~という方、もしくは体力的,精神的に追い詰められている方、災害に備えたい方は、これを機に数本そろえておくのもよいかもしれませんよ。

 

こちらは楽天で手に入る、海外製の液体ミルク。
「Similac」というメーカですが、海外ではかなり大手のようです。
Amazonではまだ販売されていませんね……。
哺乳瓶に入った状態で8本分、乳首付です。

 

もう少し早いタイミングで液体ミルクを知っていれば、一度お試ししてみたかったのですが……。

試した方、コメントお待ちしております!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました