ベビーチェア使うなら『キャリフリー』にしよう!

スポンサーリンク

( ゚Д゚)<こんにちは、染次郎です。

我が家では最近(1歳8か月)、ちゃぶ台+豆椅子の組み合わせで、自分で食べられるようになりました。

おいしいね

それまでは離乳食を口に運んであげないといけません。

豆椅子だと、自分で食べるのではないので、ジッとしていてくれません。即、脱走です。

ということで、ベビーチェアが必要となるのです。

スポンサーリンク

ベビーチェアって大きい

ですがベビーチェアって大きいですよね……。

こんなのが部屋の中に追加されると、ただでさえ狭い部屋の中が更に狭くなります。
双子だとこれが2台です。ありえん。

部屋が広いセレブなご家庭は、ベビーチェアを2台買ってくださいませ。ここから先のお話はあまりお役に立てないかと思います……。

さて、ベビーチェアを1台もしくは2台(もしかして3台?)買うのはスペースを考えただけでも難しい、というご家庭の皆さま。他の選択肢を考えてみましょう。

スポンサーリンク

机にぶら下げるタイプのベビーチェア

ベビーチェアには、机にぶら下げるこんなタイプのものもあります。

見た目的には「なにこれ、こわっ!」という感じですが、Amazonのレビューなんかを見てみると落ちることは無いみたい。
どちらかというと難点は

  • 洗い辛い(もしくは洗えない)
  • ベルトを抜け出して椅子を立ってしまう
  • 子供が暴れると机ごと大きく揺れる
  • 設置できるテーブルに条件がある

というところにあるようです。

我が家では「キャリフリー(carry free)」というベビーチェアを使っていました。

スポンサーリンク

布のベビーチェア:キャリフリー(carry free)

キャリフリーというのは、布のベビーチェアです。
布とベルトが合体してるというか……。

既存のイスに設置して使います。
散らかっていますが、我が家の設置状況です。

ベルト外してます

既存のイスに設置した状態です。

この中に子供を座らせて、ベルトを締めます。

ベルト閉じました

子供を座らせるとこんな感じです。
(色が黄色に変わってます。青と黄色で2枚使いしてます。)

あーん

胸に着けてるのは、赤ちゃん用エプロンです。
離乳食初期はこれがあると助かります。
汁物とか、ダバーされるとこれがないとツラいです。
水を弾く素材にしましょう。ビニールなど。

さてこのキャリフリー、他のベビーチェアとの違いはなんでしょう。

洗える

簡単に洗えます。
子供の服を洗うときに一緒に洗濯機へポイッでOKです。

割と乾きやすい素材なので、これだけ乾くのが遅れるってことはいまのとこありませんでした。

場所を取らない

大人の椅子を使って座らせられるので、新たにスペースを用意する必要がありません。

どうせ子供にご飯あげてるときは、大人は座ってる場合じゃないので、椅子が空くんです。

我が家では2台の椅子に座らせて子供らにご飯を食べさせ、終わったらサークルへ子供を移動させて、それから大人のご飯です。

キャリフリーを付けたままでも、大人が座るのに支障はありません。
我が家ではつけっぱなしです。

いろんなところで使える

出かけた先でご飯を食べようとするとき、最近ベビーチェアが置いてあることが多いです。助かりますね。

でも、ベビーチェアが無い場所もあります。
あるけど全部出払っている場合もあります。

ベビーチェアはあるけどベルトが無い、という場所もあります。というか多いです。

そんな時にも、キャリフリーは大活躍です。

サービスエリアやフードコートなど、ベビーチェアがたくさん使われそうな場所へ行く予定があるとき。どこでご飯を食べるかわからない旅行のとき。念のためキャリフリーを持っていきましょう。結構「持ってて良かったキャリフリー!」という場面があります。

設置できる椅子に条件がある

キャリフリーを設置するとき、椅子に条件があります。

それは背もたれがあること。

背もたれのない椅子には取り付けられません。
またパイプ椅子のようなものでも、大人の背もたれにはなっても、子供の背もたれにはならない高さなので、危険だと思われます。

これは注意が必要です。

抜け出しにくい

これは子供の「縄抜け術」のレベルにもよると思いますが。

我が家の子供は、チャイルドシートのハーネスから気が付くと両腕抜けているような縄抜け術の持ち主ですが、キャリフリーから足が抜けることはありませんでした。

ただ身体を反らしてダダをこねているときは、椅子が倒れる可能性もなくはないので、放置はしないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

ベビーチェア使うならキャリフリーがオススメ!

ということで、これまでキャリフリーを使ってきた結果として、離乳食のときにはキャリフリーをオススメしちゃいます。

特に双子の場合はスペースや費用の問題も相まって、キャリフリーが良いのではと思います。

今まで存在を知らなかった!という方は、ぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうか?

コメント