ベビーカーにライトを取り付ける

スポンサーリンク

予定より帰宅が遅れてしまい、真っ暗な道をベビーカーを押して帰ってきた経験はありませんか?

  • 病院が午後からで長引いた
  • 出先で授乳が何度も必要になった
  • ちょっと疲れて休憩して気が付くと暗くなっていた

などなど、特に秋冬は日が暮れるのが早いので、まったくない話ではないと思います。もちろん遅くなる前に帰りたいところですが、予定通りいかないのが育児というもの。

そんな暗い夜道を通るの、ベビーカーだとより一層怖いですよね。曲がり道では、突如ベビーカーが現れることになります。

1人用ベビーカーはもちろん、特に2人用ベビーカーだと、サイズが幅広だったり縦長だったりで、自転車や車、ランニングしている人が気が付くのに遅れたら衝突しかねません。

また、自分より前にベビーカーが出ているので、曲がり角では対応し辛いですよね。(出来る限り首を伸ばして確認しますが……)

そこで是非オススメしたいのが、ベビーカーへのライト取り付け!

ベビーカーにライトを取り付けたところ、かなり安心感が増しました。簡単に取り付けられる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ライト取り付け方法

ベビーカーへのライト取り付け方法はコスパに応じて2種類あります。

  1. 安い!コスパ重視の取り付け方法
  2. おしゃれな小型ライト取り付け方法

それぞれご説明します。

案1:安い!コスパ重視のライト取り付け方法

ライト

ライトはなんでも良いです。ベビーカー専用ライトなんてありません。あってもいらないです(笑)。

僕が取り付けたのは、100均の自転車用ライト。
安い割に雨にも負けず、結構使えます。壊れても100円で買いなおせるし。

ライトホルダー

自転車用ライトに付属してるパーツだと取り付け方向が90℃違ったので、取り付けにはマジックテープ式のライトホルダー(垂直式)を使いました。

これでどこにでも付けられます。安くて超便利なのでひとつは持っておくことをオススメします。

黄色いのが自転車ライトです

デメリット

この方法のデメリットは、ライトがそれなりに大きいのでベビーカーを折りたたむときそれなりにかさばるという点です。

また「あ、100均ライトだ」とすぐにわかるので、せっかく選んだベビーカーだからもっとオシャレなのにしたい!という方は次の方法が良いでしょう。

案2:おしゃれな小型ライト取り付け方法

「もっとおしゃれなほうが良いよ」という方はこちらがオススメです。こちらもそれほど費用は掛かりません。

USB充電式の小型ライトです。小型なのでせっかく選んだベビーカーのデザインを邪魔しません。またこちらのセットならリア(後方)用の赤いライトもついているのでどの方向に対しても完璧ですね!

スポンサーリンク

取り付け場所

子供が寝てる場合を想定して、子供たちの視界に明かりが入らないよう、ベビーカーの下部へ付けました。

後述しますが、ハンドルなどに取り付ける際は対向車の迷惑とならないように角度に気を付けましょう。
基本は下向きに取り付けてください。

スポンサーリンク

取り付けた効果

ライトを取り付けた効果がコチラです。↓

横から:ライト点灯

横から:ライト消灯

前方一灯だけですが、効果抜群。曲がり道でも、進行方向を照らしてくれるので注意を促せます。

夜間の安全対策としてはかなり効果的ではないでしょうか?

スポンサーリンク

取り付けの注意点

折りたたんだ時に干渉しないこと

取り付けの注意点としては、ベビーカーを折りたたんだ時に干渉しない取り付け場所を見つけること。 多少ぶつかってズレてもあんまり問題ないですが、干渉して折りたためないと問題アリですね。

ライトの角度に注意

やや下向きにライトを取り付けましょう。
自転車や車のライトと同じで、すれ違う人や車がまぶしくないように、ですね。

ライトの取り付け高さに注意

角度が下向きでも、あまり高い位置から照らすとまぶしく感じてしまいます。
できる限り低い位置に取り付けて照らすようにしましょう。

スポンサーリンク

反射テープ

このページ経由でライトやライトホルダー以外にも反射テープを購入している方が多いというデータが出ました。

確かに反射テープもある方が良いですね。

しかし冒頭で話したように、曲がり角などの危険性を考えると、少し先を照らしてくれるライトは必須かと思います。

また無灯火の自転車やマラソンランナーの方はライトを持っていないので反射しません。

一番はやはりライトかなぁと思います。

スポンサーリンク

まとめ:ベビーカーにライトは必須

今回は一灯でしたが、ライトを二灯にして両サイド下部へ付ければ、ベビーカーの幅も伝わるのでなお良いと思います。ちょっとカッコイイかもしれないし。そのうち我が家も追加しよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました