【カバー洗える】双子に必須!オススメ授乳クッション【抱き枕にも】

スポンサーリンク

双子の育児で、妻が1番「持っててよかった」と思ったアイテムが「カバーが洗えて抱き枕にもなる授乳クッション」です。

特に悩みぬいて選んだ授乳クッションだったので、妊娠期間中~授乳期間まで大活躍しました。特にヘタることなく、現在では抱き枕としてのポジションを確立しています(笑)。

スポンサーリンク

妊娠期間中

授乳クッションは妊娠期間中にも役立ちます。
苦しさが和らぐ最適な姿勢を維持するとき、僕の妻はこのクッションを活用していました。
曰く「ちょうどいい大きさと硬さ」だそうで。

授乳クッション

入院中も大活躍

切迫早産で入院したときは常に授乳クッションに挟まれていました。お腹が大きくて重たいため、真横を向くのはツラく、肉割れも怖かったとか。その点でも授乳クッションにお腹を乗せていれば安心ですね。

スポンサーリンク

授乳期間中

双子の場合、睡眠時間を揃えるための方法として授乳のタイミングを同じにするという方法があります。つまり2人同時に授乳をするということ。どうやるんでしょう……?

これが(↓)一番メジャーな方法が授乳クッションを使った方法。

授乳クッション

同時授乳

2人を授乳クッションに乗せて小脇に抱えて授乳します。とっても安定してラクチン(だそうです)。

スポンサーリンク

授乳クッションで選ぶべき基準

授乳クッションを購入するとき、何を基準に選べばいいでしょうか?我が家では下記2点を重視しました。

カバーを取り外して洗濯することができる

授乳していると、確実に吐き戻しなどで授乳クッションが汚れます。
そんなときにカバーを取り外せないと洗濯が大変なのですが、意外と一体型の物が多いようです。

パッと外して洗濯し、カバーだけなのですぐに乾く。そうでないとどんどん乳臭い授乳クッションになってしまいます……。

ドーナツ状だけでなく抱き枕にもできる

授乳クッションとしての機能に特化した商品が多いのですが、ドーナツ状だけでなく抱き枕型にもできると、授乳以外でも大活躍します。

特に双子だと、ひとりが寝返りを打ってもうひとりに覆いかぶさるという事故を防ぐために、寝ている2人の間に細長くした授乳クッションを置いたりできます。

もちろん疲労困憊した妻の就寝用抱き枕にもなりますしね!

スポンサーリンク

オススメする授乳クッションは?

我が家が選び抜いて購入し、結果満足している授乳クッションは「Wガーゼ ロングクッション」というものです。

記事の途中に出てくる写真で使われているのはこの授乳クッションですね。

子ども達が2歳半を迎えた現在でも、特にヘタレたりほつれたりすることなく現役で活躍してくれています。授乳クッションで悩んでいる方はいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました