【歯の異常】前歯のスキマと上唇小帯

スポンサーリンク

( ゚Д゚)<こんにちは、染次郎です。

双子のひとり、トノケロくんの前歯が生えてしばらく経った頃、あることに気が付きました。

それが、上前歯の隙間
少しお間抜けに見える感じになっている。

双子のもうひとりヒメプーの前歯は、通常通りそれほど隙間なく生えている。
トノケロも、下の前歯は問題ない。

指吸いのし過ぎか!?おしゃぶり辞めるのが遅かったか!?と、あーだこーだ夫婦で議論しましたが、どうにもわからず。もうすぐ市町村の1歳半検診があるのでそのときに聞いてみようということに。

スポンサーリンク

1歳半検診で聞いてみた

1歳半検診では歯科の先生も診てくださるようだったので、「前歯に隙間ができているんですが……」と聞いてみました。

先生が診た結果「上唇小帯だねぇ」とのこと。なんじゃそりゃ?

スポンサーリンク

上唇小帯

上唇小帯(じょうしんしょうたい)は、上唇と歯茎の間にあるヒダのことだそうで。わからない人は、上の前歯と唇の間に舌を入れてみてください。なんか当たるビラビラしたやつが上唇小帯です。

これが、本来の位置よりも下の方まであって、歯が生えるときに邪魔しちゃってるらしいです。

じゃあどうするんですかって話ですが、上唇小帯は成長するにつれて上の方に縮んでいくらしいので、しばらく様子見で良いらしいです。

大人の歯が生えるより前(つまり乳歯が抜ける頃、6歳くらい)にまだ上唇小帯が下の方まであったら、また病院へ相談に行って、切除したりという対応を検討しないといけないらしいです。忘れないようにしないといかんな。

スポンサーリンク

歯磨きは気を付けよう

ということで、ひとまず「異常はあるけど様子見」ということになった、トノケロくんの前歯。

上唇小帯が縮むまでに気を付けないといけないのは、歯磨きの仕方だそうで。

上前歯を磨くときに傷つきやすく、歯磨きを嫌がったり、磨きにくさがあって虫歯になったりするケースもある模様。前歯を磨いてあげるときは、上唇小帯を指でカバーしながら磨いたりと、気を付けつつ磨こうとのこと。

今まで以上に歯磨きは念入りにしないといけないなぁと、ちょっと気が重くなっちゃったり。

ちなみにうちの子供らも例にもれず歯磨き嫌いです!
大人が仕上げ磨きをしようとすると、アリゲーターのように体を回転させて逃げます

でも、この1歳半検診でいただいた歯磨き粉を使ったところ……。

トノケロは「おいしい!おいしい!」とジェスチャーしながら、歯ブラシをチューチュー吸うようになりました。違うそうじゃない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました